小笠原マルベリー

「司馬遼太郎と城を歩く」(司馬遼太郎)


 

「司馬遼太郎と城を歩く」(司馬遼太郎)

 

概要

 

2006年発行、

「司馬遼太郎と城を歩く」(司馬遼太郎)。

司馬遼太郎と城を歩く 司馬遼太郎 | 光文社文庫 | 光文社 (kobunsha.com)

 

司馬氏は城が好きだったそうです。

 

35の城とそれにまつわる作品の抜粋が紹介されています。

さらに

城のデータ、解説、周辺観光地情報なども盛り込まれています。

 

北は五稜郭から南は首里城まで。

東北は少なく、弘前城と会津若松城だけ。

多いのは、近畿・東海です。

 

なお現存天守12城のうち、

松本城、松江城、丸亀城、犬山城は出てきません。

その城にまつわる作品がなかったのかしら?

 

祝・現存天守12城制覇!!

 

 

 

 

感想

 

僕は天守のある城好き。

現存でも、復興でも、模擬でもあまりこだわりはありません。

城からの展望が好きなのです。

 

石垣や痕跡だけしか残らない城はそれほどでもありません。

そういう意味では本当の城好きではないのかもしれません。

 

本書は

各章の冒頭に、その城にまつわる司馬作品が紹介されます。

 

読んだことある作品と行ったことのある城と

そうではない作品・城では、読んでいるときに、興味の度合いが違ってきますね。

 

またこれから、司馬作品を読むときは、

出てくる城の場面に注目したいと思います。

 

 

 

 

参考:司馬作品

 

「覇王の家」(司馬遼太郎)

 

司馬遼太郎: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。