小笠原マルベリー

「フィアラ展」(’21/6/29-7/2、PAT INNにて)


 

「フィアラ展」(’21/6/29-7/2、PAT INNにて)

 

概要

 

’21/6/29-7/2、PAT INNにて、「フィアラ展」が開催されています。

早速、初日に妻と行ってきました。

 

チェコ人画家のヴァーツラフ(バツラフ)・フィアラは

ブルリューク(画家)や家族とともに来島。

1920-1921年(大正9-10年)の冬場、肥後丸で来島しました。

父島に4か月ほど滞在し、宿泊場所は扇浦でした。

 

滞在中には多くの絵を描いていいます。

宿泊地に近い扇浦付近が多く描かれています。

 

そのうちのいくつかが、この「フィアラ展」で展示されています。

100年前の小笠原と思いながら見ると、感慨深いですね。

変わったところと変わらないところとありました。

 

扇浦付近の山地には吹割山があって、

特徴的な地形で、いくつかの絵の背景に出てきます。

 

なお、展示されている絵は実物(オリジナル)ではありません。

オリジナルを忠実に再現した写真撮影による複写です。

 

 

展示会の主催者(ルディ・スホルツァ氏)が発行する

フリーペーパー(ORB)フィアラ特集号

Free Paper ORB (tumblr.com)

 

 

フィアラは聞きなれない名前かもしれません。

でも、僕は以前に聞いたことがあったのを思い出しました。

フィアラが著書の訳者とご縁があり、訳書を送っていただいていたのです。

この旅はダビッド・ブルリューク(画家・ロシア)とともに来ていて、

やはり訳書をいただいています。

 

ネットで検索すると、ブルリュークの方が有名なようですね。

僕はどちらもよく存じておりませんでしたが・・

ダヴィド・ブルリューク – Wikipedia

 

 

 

 

展示会の様子

 

 

展示会場はPAT INN

 

 

展示1(1階)

 

展示2(1階)

 

展示3 (2階客室部屋)

 

展示4 (展示3と同じ2階客室部屋)

 

 

 

 

フィアラ・ブルリューク関連図書

いずれも訳者・著者の鈴木明さんから送っていただきました。

 

ヴァーツラフ・フィアラ「小笠原」(訳者・鈴木明)、

2007年3月発行。

 

1920-1921年の冬場、肥後丸に乗り、

小笠原の父島・扇浦に4か月ほど滞在した時の様子を

絵と文章で紹介しています。

 

文の中に、オオコウモリは見れずに、

小さなコウモリが群れて飛んでいたというのがある。

これがアブラコウモリのことを指すのか、

オオコウモリの見間違いかは、分からない。

 

「ブルリューク、フィアラの頃の小笠原(改訂版)」(著者・鈴木明)、

2006年発行。

 

この冊子は90ページほどで、

1920年に画家のブルリューク、フィアラが、

小笠原に避寒に訪れた頃の、小笠原の様子を集めた資料である。

 

僕は伊豆諸島の写真を提供したため、名前を載せていただいた。

 

 

ダビッド・ブルリューク「小笠原紀行1921」(訳者・鈴木明)、

2004年6月発行。

 

フィアラとともに、父島に滞在しました。

したがって、内容はフィアラと似ています。

 

彼らは、1920-1921年の冬場、肥後丸に乗り、

小笠原の父島・扇浦に4か月ほど滞在しました。

 

ダビッド・ブルリュークは伊豆大島にも行き、

「大島」(鈴木明訳)が残っています。

New PDF Document (uartlib.org)

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。