小笠原マルベリー

宮之浜の木道は満潮だと海の上


 

宮之浜の木道は満潮だと海の上

 

概要

 

宮之浜から釣浜口に至る電信山歩道。

 

電信山歩道(宮之浜~釣浜口)・・随所に展望・涼期向き

 

宮之浜から出発すると、尾根に至るまでは、

東側の海沿いを歩きます。

 

そこは浜が狭く、落石などもあるため、

海側に木道が設けられています。

(木道と行っても、素材は樹木ではなく木道風です)

 

普段は木道の下は地面が見えています。

満潮になると、海の水が来ています。

うねりがあったりすると、木道の上までしぶきがきたりします。

 

満潮時にそこを歩こうとすると、ひと苦労。

潮が引いたタイミングで小走りが必要です。

失敗すると靴だと濡れるのが必至です。

そういう状況もあるので、

ここを歩こうとする人は潮汐のチェックも必要ですね。

 

先日、

たまたまそんな状況の時に歩いたので、ご紹介します。

(決して改善の要望などでの批判ではないです・・)

(歩行者への注意喚起です!!)

 

 

 

 

 

実際の様子

 

園地側から見た東側の歩道

満潮だとこの岩場をかわすのもひと苦労

同  潮が引いたタイミングで渡ります。

 

木道の上り口まで海水がきています。

 

同  潮が高くなっているとき

 

同 潮が引いたタイミングで上ります。

 

木道に上がってすぐの場所

 

海を渡る木道 全景

 

浜が狭く、岩場もあるので、木道が設置されています

 

 

 

 

宮之浜に行くには?

 

集落から歩いても30分程度です。

車やバイクがあれば、浜のすぐそばまで道がついています。

 

ツアーでは

景観ツアーや一日コースの昼食で立ち寄ったりしています。

 

全ツアーメニュー

 

 

 

 

参考

 

電信山歩道(宮之浜~釣浜口)・・随所に展望・涼期向き

 

電信山歩道(釣浜口~長崎)・・随所に展望・涼期向き

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。