小笠原マルベリー

西に沈む夕日と東から出る満月(’21/8/22)


 

西に沈む夕日と東から出る満月(’21/8/22)

 

概要

 

’21/8/22、満月の日でした。

 

日没と月の出の時間が10分ほどしか変わりません。

 

天気もいいので、夕日も見て、月の出も見ようと言うことで、

長女と出かけました。

 

夕日と月の出の時間がかなり接近しているので、

見られる場所が近いか同じ場所で見られるのが条件です。

 

ということで

夕日は夜明道路の長崎付近、

月の出は旭平付近で見ることにしました。

 

考えることは皆同じようです。

日曜日という事もあり、

それぞれの場所には何組か島民が来ていました。

 

 

結果は・・・

 

夕日はなかなかよかったですが、

最後は雲に阻まれました。

 

 

満月の月の出は

雲で、はじめしばらくはだめでした。

 

少し待っていると丸い月が出てきました。

大きく黄色の満月です。

 

近くのタコノキを入れて月を撮ると、

とても南国風な写真となりました。

 

どちらも完璧ではないですが、

合格点はあげたいです。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

ここで夕日が見られるのも、もう1週間ぐらいでしょう。

 

最後はまわりが赤くなりましたが、雲に阻まれました。

 

満月はすぐには出ませんでした。

 

しばらくして出てきました。

 

まわりが暗くなってくるまで、満月を見ていました。

 

 

 

 

 

ツアー

 

夕日から見たい方にはサンセットナイトツアーがあります。

月の出や月没は月齢によって見られる日もあります。

 

サンセット・ナイトツアー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。