小笠原マルベリー

「小笠原カントリーコード」(環境省小笠原自然保護官事務所)


 

「小笠原カントリーコード」(環境省小笠原自然保護官事務所)

 

概要

 

小笠原には

多くの観光利用関連のルールやガイドラインがあります。

27rulebook.pdf (vill.ogasawara.tokyo.jp)

 

その中には、

1999年作成「小笠原カントリーコード」もあります。

すでに20年以上たっています。

 

島の人の協力も得ながら

環境省小笠原保護官事務所によって制定されました。

 

これは

「小笠原を訪れるみんなのルール」として定められたものです。

マナー的な要素が強いですが、

個々には条例や法律にからむものもあります。

そういったものは違反すると、罰則があるものもあります。

 

countrycode.pdf (visitogasawara.com)

小笠原を訪れるみなさまへ | 小笠原村公式サイト 

27rulebook.pdf (vill.ogasawara.tokyo.jp)

カントリーコード – Wikipedia

 

作成されて20年以上たちますが、

特に文言が変わったりの改定はありません。

 

 

 

 

内 容

 

小笠原カントリーコード

-自然と共生するための10ヵ条-

 
1「貴重な小笠原を後世に引き継ぐ」

2「ゴミは絶対捨てずに、すべて持ち帰る」

3「歩道をはずれて歩かない」

4「動植物は採らない、持ち込まない、持ち帰らない」

5「動植物に気配りをしながら、ウォッチングを楽しむ」

6「さんご礁等の特殊地形を壊さない」

7「来島記念などの落書きをしない」

8「全島キャンプ禁止となっているので、キャンプはしない。」

9「移動は、できるだけ自分のエネルギーを使う」

10「水を大切にし、トイレなど公共施設をきれいに使う」

 

 

 

説明板

 

全面

個々の説明文もおおむね妥当なことが書いてあります。

ただし、移動についてのイラストが気になりました。

 (後述します)

 

左側

 

右側

 

 

 

 

気になったイラスト

 

 

9「移動は、できるだけ自分のエネルギーを使う」のイラスト

 

文言は問題ないと思いますが、

イラストで車やバイクに×をつけるのはどうかと思います。

 

島内には

レンタカー、レンタバイクを生業にする業者もいます。

また島民のかなりの移動の足はバイクや車です。

 

できれば下半分は消して

上だけのデザインにしてほしいものです。

 

 

 

 

参考

 

利用のルールやガイドライン

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。