小笠原マルベリー

階段を上るオガサワラクロベンケイガニ


 

階段を上るオガサワラクロベンケイガニ

 

概要

 

’21/11月中旬、

雨あがりに、小笠原神社に行きました。

 

そのとき、神社参道の階段にいたのが、

このオガサワラクロベンケイガニです。

 

沢筋で見るオガサワラクロベンケイガニ

 

僕が近づくと、

警戒したのか、階段を上り始めました。

 

その状況を、画像や動画に撮ったりしました・。

 

 

 

 

和名

 

オガサワラクロベンケイガニは「小笠原黒弁慶蟹」です。

小笠原(固有種)のベンケイガニです。

 

ベンケイガニは

甲のゴツゴツした質感を弁慶のいかつい形相にたとえたもののようです。

 

ベンケイガニ – Wikipedia

カニ/クロベンケイガニ – Decapedia (or.tv)

 

 

 

 

現場の状況

 

オガサワラクロベンケイガニ近景

 

階段を上ろうとしているところ

 

<動画>

 

 

 

 

見るには?

 

よく見る場所は沢沿いです。

河口付近から山中の沢筋まで、広く分布しています。

沢筋に巣穴があります。

 

河口付近の沢筋が、個体数も多く、

比較的見つけやすいです。

小港やコペペなど。

 

乾いている時期は探してもなかなか見つけられませんが、

湿っぽい時期は、わりとよく見ます。

 

本種を探して紹介することはほとんどありませんが、

各種ツアーで見つけたら紹介しています。

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。