小笠原マルベリー

「蜂からみた花の世界」(佐々木正己)


 

概要

 

2010年発行、

「蜂からみた花の世界」(佐々木正己)

蜂からみた花の世界 | 海游舎 (wordpress.com)

 

本体が13000円(+税)もする高価な本です。

なかなか手が出ません。

実は、著者と知り合いになり、いただいたのです。

 

’21年12月に蜂蜜の調査事業で来島された時、

ガイドしたのがご縁でした。

御礼申し上げます。

 

再来年、また調査で来島される予定なので、

その時までに、しっかり読み込んでおこうと思います。

 

 

 

 

内容

 

第一部は

蜜・花粉源植物を写真で紹介しています。

 

第二部は解説編で

蜜源植物やミツバチについて詳しく解説しています。

 

この1冊を読み込めば、

蜜源植物やミツバチについて詳しくなれそうです。

 

 

 

 

 

目 次

 

【第1部】 蜜・花粉源植物(写真編)

  680種の蜜・花粉源植物を1,600枚の写真で紹介

【第2部】 解説編

1 日本の蜜源植物の起源と全体像      

2 蜜源植物の四季

3 花側からの受粉作戦とハチ側からの利用戦略

4 なぜ行かない花,行かない時があるのか

5 蜜腺と花蜜

6 ハチ蜜の色と香り

7 ミツバチと花粉

8 ミツバチが訪れる花はどうやって決まるのか

9 純粋,自然のハチ蜜とは何なのか

10 日本在来種とセイヨウミツバチの生活,訪花嗜好性の相違点

11 ローヤルゼリーとプロポリスとは

12 English Summary 

付録1 ミツバチの体のつくりの概説

付録2 ハチ蜜の品質規格 — 国際規格と日本規格

付録3 増殖を推奨したい蜜・花粉源植物リスト

撮影裏話

テクニカルノート

あとがき—ハチ蜜に思うこと

謝 辞

主な参考書

用語索引

和名索引

学名索引

英名索引

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。