目次

概要

 

東京都防災行政無線夜明山中継所、

父島と都庁や母島を結ぶ無線鉄塔です。

携帯各社の基地局としても活用されています。

 

島民にとって、重要な施設です。

 

施設は、

名称の通りで、夜明山の山中にあります。

この中継所には、車道がついていないので、

都道から行政機関の管理道(歩道)を歩きます。

200mぐらいでしょうか?

 

まちのほうからは、二見湾越しに山の方を見上げると、

1本だけ背の高い鉄塔が目につきます。

 

戦跡ツアーでは、

この付近を歩くので、近くで目にしています。

 

夜明山戦跡群

 

この中継所ができたのが、1980年(昭和55年)4月です。

返還から約12年後にできています。

’22年時点で、もう40年以上経つことになります。

 

近年、

時々、補修などの工事が入っています。

 

前述の通り、歩道しかないので、

荷物の運搬が大変そうです。

 

作業の方に聞いた話では

鉄塔の上の方に上る梯子がかなりさびて怖いそうです。

 

今後、さらに大きな工事が必要となると、

道路をつけるか、ヘリを活用するかが必要になりますね。

 

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

工事現場に書かれている名称

 

 

近景

 

近景

 

近くの尾根からの展望

 

 

 

 

 

見るには?

 

この鉄塔に至る道は、一般歩道ではありません。

都道から行政機関の管理道となっています。

(立入制限の表示はなし)

 

戦跡ツアーでは、

夜明山をめぐる時にこの近くを通ります。

 

戦跡ツアー

 

興味のある方はお知らせください。

他のツアーでも行くことは可能です。

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。