小笠原マルベリー

ハチジョウクサイチゴ開花中(’22/2月初旬)


 

概要

 

’22/2月初旬

ハチジョウクサイチゴ(バラ科・外来種)が開花しています。

 

空き地や道端に雑草のように生えるハチジョウクサイチゴ

 

本種は、

おもに道端などで野生化しています。

 

場所によっては、

雑草のように勢力旺盛に生えているところもあります。

 

道端で生えているものは

定期的に草刈りで切られています。

しかし、またすぐに生えてきています。

強いですね。

 

花はそれほど多くはないですが、

大柄の白花で、わりとよく目立ちます。

 

のちに果実もつきますが、

やや酸っぱく、それほどおいしくはないです。

 

 

 

 

 

現地の様子

 

撮影箇所は国立天文台の空き地

 

 

雑草のようにしげります

 

 

 

花と葉  葉は三出複葉

 

花は白花5弁、おしべ多数、めしべ多数

 

おしべが外側で先端に葯があります。

めしべは中央部にまとまって白い糸状です。

めしべの内部には花床・かしょう(花托・かたく)があり、

イチゴの赤くなる部分です。

 

 

 

 

見るには?

 

林内の開けた場所でも見られますが、

よく見られるのは、道路沿いや空き地です。

 

分布は

父島の北部から中央山ぐらいまでのエリアです。

南部には生えていません。

 

ツアーでは

このエリアを歩いたときに紹介します。

 

全ツアーメニュー

 

 

 

要望

 

植栽する団体(行政や民間団体)へのお願いです。

 

ハチジョウクサイチゴとチチジマイチゴは

もともと分布が異なります。

 

ハチジョウクサイチゴは

父島北部から中央山にかけてのエリア。

チチジマイチゴは

長谷(北袋沢含む)から桑ノ木山にかけて。

 

近年、その分布と異なる場所に植栽していたり、

両者を同じ個所に植栽している事例が見られます。

慎重にしてほしいものです。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。