小笠原マルベリー

小笠原に来なくてはいけない理由、その14「帰りの船に乗るのが嫌になる」


 

概要

 

小笠原には、

来るのも帰るのも、おがさわら丸で丸一日。

まれに、豪華クルーズ船の寄港もあります。

 

おがさわら丸は大きな船ですが、

決して豪華客船ではないので、船内での娯楽も限られます。

 

寝るか、飲むか、読むか、風景眺めるか、そんなものです。

海が悪いと、船酔いしない人は別として、

選択肢はほぼなく、寝るだけです。

 

だから、一度、訪ねると、

帰りの船に乗るのが嫌になる場合もあります。

特に往路で揺れて酔った方は、帰路に乗るのはいやでしょうね。

 

船も毎日出ているわけではなく、

6-7日に一度だけです。

自分が乗りたいタイミングでは乗れないこともあります。

 

こうして、島民になった人が何人もいます。

 

僕もその1人かな。

僕の場合、ダイビング遊びできて、

船に乗って帰るのがもったいなくて、ずるずると居続けた感じですが・・

 

一度来てみないと、この感覚わかりませんよ。

 

 

 

 

乗りたくない理由

 

・揺れると酔うから。

 

・24時間が長すぎる。

 

・乗りたい日に船が出ない。

 

・島を離れたくない。

 

以上、こんなところでしょうか?

他にもあるでしょうけれど。

 

 

 

 

見送りの様子

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その1「見送りがすごすぎる」

 

海岸からの見送り

 

おがさわら丸着発運航中の入出港日午後は、

ツアー中に山や浜から船を見送ることもよくあります。

 

全ツアーメニュー

 

 

 

 

 

参考「小笠原に来なくてはいけない理由」

 

小笠原ならではのこと、ナンバー1、オンリー1のことを集めてみました。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。