小笠原マルベリー

「アキラとあきら」(池井戸潤)


 

 

概要

 

2017年発行、

「アキラとあきら」(池井戸潤)。

アキラとあきら  – 徳間書店 (tokuma.jp)

アキラとあきら – Wikipedia

 

文庫本ですが、700ページ以上あるので、

かなり読みごたえがあります。

 

境遇の違う世界で育った

二人のあきらが主人公の経済小説。

二人のあきらは階堂 彬と山崎 瑛。

 

境遇が違う中、

二人は幼いころにわずかに接点があります。

 

本格的な接点は金融機関入社以降です。

二人は同じ金融機関に入社します。

 

のちに階堂彬は

実家の跡を継ぎ海運会社の社長に就任。

 

そこでの融資の件で、

二人の接点が本格的に。

 

 

 

 

 

感想

 

主人公の幼いころの生い立ちから始まるので、

はじめの方はあまり面白く感じません。

 

特に、

山崎 瑛の家は町工場で、倒産してしまうからです。

 

そこを乗り越えて読んで、

成長してからは、どんどん読み進めます。

 

最後は、

ハッピーエンドとは言えないかもしれませんが、

無事、解決です。

 

よかった。

 

 

なお本書の主要な舞台となる企業が

「東海郵船」です。

小笠原海運の親会社の「東海汽船」とかぶってしまって、

フィクションとは思えませんでした。

東海汽船 – Wikipedia

 

 

 

 

 

’22年夏、映画化

 

’22年夏、映画化されますね。

二人のあきらは竹内涼真と横浜流星さんです。

 

映画『アキラとあきら』公式サイト|2022年8月26日(金)公開 (toho.co.jp)

 

 

 

 

 

 

番外:もう一人のあきら(旭)

 

我が家の長男もあきら(旭)です。

 

旭山(あさひやま)からいただいた名前です。

読みは旭に変えました。

 

長女と長男の命名について(2005年寄稿文・再編集版)

 

うちの旭は

この主人公のような学力優秀ではありません。

 

’22/4月から内地に進学します。

いずれどこかに就職するでしょう。

 

この本のような金融機関は考えられませんが、

活躍してほしいと思います。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。