目次

概要

 

2019年訪問、佐世保市浦頭(うらがしら)。

浦頭引揚記念資料館/佐世保市役所 (sasebo.lg.jp)

浦頭引揚記念平和公園・資料館 | 観光スポット | 

浦頭引揚記念平和公園 – Wikipedia

 

この浦頭には、

浦頭引揚記念資料館、浦頭引揚記念平和公園、

記念碑などがあります。

 

日本は戦争が終わった後、

大陸から多くの方が復員してきました。

 

佐世保市浦頭では

140万人近い人が引き揚げてきました。

博多も同じくらいの人数だったようです。

 

復員という戦争の後始末も

かなり大変なことだったこと思います。

戦後の日本の復興の始まりでもあったわけですね。

 

戦場になったところばかりではなく、

復員のこういう場所を記憶に残していくことも、

必要かと思います。

 

復員かなわず、

現地で命を落とされた方も多数の、先の戦争です。

 

そういう方のご冥福もお祈りします。

 

現在、

この地に九州最大のクルーズ船埠頭ができています。

 

九州最大 クルーズ船拠点完成 佐世保浦頭 

12439 (nagasaki-tabinet.com)

 

 

 

 

現地の様子

 

案内板

 

引揚第一歩の地 碑

 

同上  説明板

 

「太平洋戦争終結に伴い

 昭和20年10月14日から同25年7月までに

 1396468人の方方が

 ここ浦頭の地に引揚げの第一歩を印されました。」

 

 

浦頭引揚記念資料館

 

同 内部

 

資料館から見下ろす港(浦頭港)

 

 

 

 

小笠原の例

 

小笠原のようなところでは、

戦後、内地に復員して行きました。

小笠原は米軍が占領し、

比較的早く内地に帰れました。

 

ただし、

戦時中、内地に強制疎開させられた島民の帰島は、

欧米系島民のみでした。

帰島で来たのはわずかに129名でした。

(当時の全島民は8000人近かったです)

 

硫黄島の玉砕もありますが、

返還まで多くの島民が帰島できなかった悲劇もあります。

それも忘れないでいたいものです。

 

 

 

 

 

 

参考

 

 

国内各地の戦跡

 

小笠原・父島の戦跡

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。