小笠原マルベリー

長崎県佐世保市高島(2019年訪問・再編集)


 

 

概要

 

2019年5月、

佐世保市高島をおおむね半日で訪問。

高島 (長崎県佐世保市) – Wikipedia

フェリー時刻表・運賃 | 黒島観光協会 (kuroshimakanko.com)

 

番岳山頂の戦跡が目的でした。

【高島】高島番岳 | 観光スポット | 

 

佐世保市高島番岳高射砲台跡(’19年訪問・再編集版)

 

相浦港から高島までは

フェリー・海上タクシーなどで20-30分ほど。

往路はフェリー、復路は海上フェリー(漁船)を使いました。

値段はあまり変わりません。

片道500円台です。

 

フェリーは高島と黒島に行くのですが、

僕が乗った日はほとんどが黒島行きの方でした。

(黒島には世界遺産の教会などがあります。)

僕が高島で降りたとき、地元・仕事の人以外では、

釣り人らしい人が降りたくらいでした。

 

島に着くと、すぐ実感しますが、

まったく観光の島という感じはなかったです。

宿もないかもしれません。

 

島を歩いた限り、

いわゆる普通の商店はありませんでした。

自販機はありました。

高島はちくわが名産のようで、

加工場は確認できました。

高島ちくわ (xn--u8jix4am7ore.com)

 

 

 

 

 

 

現地の様子

 

 

マップ

人の活動のあるエリアは漁港の周辺地区だけです

 

 

番岳

標高136m、ふもとから徒歩30分程度

 

番岳から黒島方面

 

番岳から高島漁港

 

 

切符と相浦港

 

フェリーくろしま

 

高島漁港

 

海上フェリー(帰路に利用・船は漁船と同じ)

 

高島ちくわ加工場案内

 

ふもとの畑

 

相浦小学校高島分校

 

 

 

 

 

番岳からの動画

 

 

 

 

 

参考

 

島旅レポート

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。