目次

概要

 

8月下旬、大村海岸(前浜)で、

イソフジ(マメ科・広域分布種)が開花しています。

 

海岸で黄花が目立つイソフジ

 

昨年は9月ごろに記事を書いていました。

少し開花が早いのかもしれません。

 

イソフジ開花中・・大村海岸(’21/9月下旬)

 

大村海岸は

海岸沿いに多数植栽され並んでいます。

低木性の樹木で、樹高は2-3m程度です。

 

あちこちの個体で、少しずつ咲き始めています。

 

花盛りという時期になるのは、

まだまだ先ですね。

 

花期も長いので、長期に花を楽しめます。

 

果期になると、

豆果が鈴なりにぶら下がり、まさにフジのようです。

イソフジの由縁でしょう。

 

 

 

 

 

 

実際の様子(’22/8月下旬)

 

まだ花は少なめです

 

緑の中に、黄色の花で、わりと目立っています

 

 

花は5弁。

上向きの旗弁が目立ちます。

5弁は、旗弁(上・1)、翼弁(下・2・外)、竜骨弁(下・2・内)です。

おしべ10、めしべ1です。

 

防風・防潮林の様子

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

確実に見られて、個体数も多いのが、

大村海岸です。

 

まちの宿のかたは散歩で行ける範囲です。

うちのツアーではこの近くの駐車場が集合場所なので、

集合時間に少し早く来ていただきご覧下さい。

 

ツアーで紹介することはあまりありません。

 

 

 

 

 

 

参考

 

小笠原で見られる維管束植物(種子植物・シダ)

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。