目次

概要

 

1985年発行(新装版は2006年)、

「軍師二人」(司馬遼太郎)。

 

『新装版 軍師二人』(司馬 遼太郎):講談社文庫|

『軍師二人』(司馬 遼太郎,井上 正篤):講談社文庫|

 

タイトルを含む8つの短編集。

 

時代は

戦国時代から大坂夏の陣のころまで。

 

それぞれの主人公は、

誰でも知っているような武将ではありません。

僕だって、

それほど知らない人物が数人。

 

軍師二人 (gozaru.jp)

 

短編の主人公は

雑賀市兵衛(さいがいちべえ)、

伊藤政国(いとうまさくに)、

佐野綱正(さのつなまさ)、

おなん、

小若(こわか)、

渡辺勘兵衛(わたなべかんべえ)、

鎌田善十(かまたぜんじゅう)、

後藤又兵衛(ごとうまたべえ)・真田幸村(さなだゆきむら)

など。

 

短編ゆえ、

本題に絞り、短くまとめられています。

 

短編ならではの落ちを期待して読みますが、

意外とあっさり終わるものもあります。

 

 

 

 

目次

 

雑賀の舟鉄砲

女は遊べ物語

嬖女守り

雨おんな

一夜官女

侍大将の胸毛

割って、城を

軍師二人

 

 

 

 

参考

 

司馬遼太郎 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

司馬遼太郎: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

「城塞」(司馬遼太郎)

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。