目次

概要

 

集落付近各所で生育する

シマサルスベリ(ミソハギ科・外来種)。

 

シマサルスベリは白花

 

花期はかなり長めです。

6月ごろから咲き始めて、9月頃でもまだ咲いています。

 

花序に小花がまとまり、

遠目では白い塊のように見えます。

 

小花は白花で、普通は花弁6(変異あり)。

 

おしべは2形性です。

中央部に黄色の葯の短いおしべと

周辺の緑っぽい葯の長めのおしべ。

黄色の葯はわりと目立ちます。

 

この2形性は

機能の違いがあるようです。

 

どうやら、短い方は昆虫誘引、

長い方が受粉と機能分化しているようです。

 

サルスベリの雄しべ (kinomemocho.com)

サルスベリ(ミソハギ科)樹の花図鑑 「気ままに自然観察」

サルスベリの花 | 薬用植物園 | 城西大学 (josai.ac.jp)

 

めしべは1。

 

 

 

 

 

花の様子

 

 

遠目で見ると、

花序の先に小花がまとまって見えます

 

花は白花で、

中央部に黄色のおしべの葯が目につきます

 

 

花は白花で、普通は花弁6(変異あり)

花弁は広卵形ですが、縁が縮れて波打っています。

 

おしべは2形性です。

多数の中央部に短くまとまる黄色の葯がついたおしべ。

花弁と同数(ふつう6)の周辺に長めのおしべ(緑っぽい葯)。

 

めしべは1。

 

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

集落周辺で生えています。

夜明道路でも、一部野生化している個体があります。

 

ツアーで紹介することは少なめです。

見たい方はリクエストしてください。

 

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。