マルベリー

亜熱帯小笠原で、落葉する自生種はいくつか


 

亜熱帯小笠原でも、落葉する自生種はいくつかあります。

 

 

はじめに

 

常緑樹林帯の亜熱帯小笠原でも、落葉する自生種はいくつかあります。

 

落葉の仕方も、紅葉だったり、黄葉だったり、

期間もずっとだったり、一次だったりで、違いがあります。

 

小笠原が気温が下がって涼しくなのは12月ごろから。

なので、落葉もその時期ぐらいからになります。

中には、違う時期に落葉するものもあります。

 

そういった自生種の落葉樹をいくつか紹介します。

 

 

 

 

オガサワラグワ

 

 

オガサワラグワはクワ科・固有種です。

 

2020年10月中旬、オガサワラグワが落葉中。

黄色の黄葉です。

一時、枯れ木のようになります。

でも、落葉期間は短いので、すぐに新葉が展開してきます。

 

新葉が出ると、すぐ花期を迎えます。雌雄異種です。

 

オガサワラグワの植栽・育成に関わる妻によると、

この落葉中が害虫(キクイムシの仲間)が入りやすいようです。

 

 

 

上の2つはいずれも植栽のもの。

 

弟島の自生オガサワラグワ  葉のある時期

 

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%AF

 

 

 

モモタマナ

 

 

モモタマナはシクンシ科・広域分布種。

 

真っ赤に紅葉して落葉します。落葉時期は個体差がかなりあります。

遅めの落葉の個体だと、すぐ新葉が出てくる個体もあります。

 

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%83%A2%E3%83%A2%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%8A

 

 

 

 

 

デイコ

 

 

デイコはマメ科・広域分布種です。

 

これは黄色の黄葉です。

落葉時期はかなりばらつきがあります。

 

花期は12-1月頃からで、落葉したあと咲くのが普通ですが、

まだ葉が残っている状態で咲き始める個体もあります。

 

落葉期間は長いです。

 

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%B3

 

 

 

 

アコウザンショウ

 

 

アコウザンショウはミカン科・固有種です。

 

黄色く紅葉して落葉します。

冬場、比較的早めに落葉する傾向にあります。

落葉期間は長いです。

 

 

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6

 

 

 

 

 

センダン

センダンはセンダン科・広域分布種です。

 

黄色の黄葉です。

 

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3

 

 

 

 

クワノハエノキ

 

クワノハエノキはアサ科・広域分布種です。

 

夜明・湾岸道路一周での自生植物(8)クワノハエノキ

 

 

 

 

その他

 

ハマゴウ(シソ科・広域分布種)は落葉するものとしないものがあります。

シマホルトノキ(ホルトノキ科・固有種)は初夏のころに、半落葉です。

 

自生種もまだ他にもあるかもしれません。

 

外来種では

ハゼノキ、ホウオウボク、シマサルスベリなど他にもまだあります。

 

 

 

ツアーでは

 

植物を種に紹介するのは森歩きですが、

他のツアーでもところどころで紹介しています。

 

森歩き

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。