小笠原マルベリー

オガサワラグワ、雑種の見分け方


 

オガサワラグワ、雑種の見分け方

 

概要

 

写真の樹木、

山中に生育するオガサワラグワ(クワ科・固有種)のようです。

しかし、この個体はシマグワとの交雑個体で、雑種です。

 

父島では、戦前に持ち込まれたシマグワ(クワ科・外来種)があり、

オガサワラグワとシマグワの交雑個体も生えています。

 

現在は調査がかなり進んでいて、

純粋なオガサワラグワの生育場所はほぼ特定できています。

 

純粋個体と雑種個体の外見の違いはどのくらいあるのでしょうか?

この個体も幹だけだと違いは分かりません。

 

でも、誰にでも一目で分かる識別方法があります。

それは葉の形です。

 

オガサワラグワの葉には欠刻ができる可能性は0。

逆にいえば、それがあれば、雑種です。

 

 

欠刻のある葉(シマグワ・雑種)

 

 

ごらんの通り、欠刻のある葉が出ています。

欠刻の葉があれば、雑種と断定できます。

 

これならとても簡単ですね。

 

 

 

オガサワグワの葉

 

オガサワラグワの葉には欠刻ができません。

またシマグワよりも肉厚でごわごわした触感です。

 

 

 

マルベリー

 

ところでうちの屋号「マルベリー」、クワのことです。

オガサワラグワにちなんでいます。

屋号・マルベリーについて(2007年投稿・再編集版)

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    前の記事へ

    次の記事へ

    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。