小笠原マルベリー

茨城県笠間市筑波海軍航空隊記念館(’22/11月再訪)


 

 

概要

 

’22/11月、

茨城県笠間市筑波海軍航空隊記念館を再訪しました。

– 筑波海軍航空隊記念館とは (p-ibaraki.com)

笠間市公式ホームページ (kasama.lg.jp)

筑波海軍航空隊 – Wikipedia

 

前回は2014年です。

ちょうど「永遠の0」がはやったあとぐらいでした。

「永遠の0(ゼロ)」(百田尚樹): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

笠間市筑波海軍航空隊(2014年訪問、再編集版)

 

それから8年も経ちました。

訪ねてみると、説明板も整備され、

新たな記念館(有料)も建設されていました。

 

これまで

かかわっていた人たちの意欲を感じました。

 

以前訪ねたときは

司令部庁舎が記念館ともなっていました。

現在は隣に記念館ができました。

昔のまま、司令部庁舎として、

内部展示なども含めて見学ができます。

 

ここは、再訪とは言っても、

前回見られなかった部分もあって、初めて訪ねた気分でした。

 

写真などの撮影もほとんどの場所でできます。

 

なお、平日に訪ねたので、

土日公開の地下戦指揮所などは行けませんでした。

(前回は行きました)

– 地下戦闘指揮所・零戦レプリカ展示 (p-ibaraki.com)

 

 

 

 

 

現地の様子

 

敷地全体のマップ

 

 

記念館  入口

 

有料

 

同上  内部展示のゼロ戦後部胴体

 

同上  説明文

 

 

司令部庁舎 玄関

 

1938年建設

 

同上  外観

 

同上 案内図

 

同上 内部廊下

 

同上  中央階段

 

同上  司令室

 

 

号令台

 

 

正門(隊門)

 

門柱が当時のもの

 

 

 

コンクリート塀

 

当時のもの

 

 

供養塔

 

訓練中などで亡くなった隊員の供養

 

水素ガス格納庫跡

 

汽缶場(ボイラー室)煙突の跡

 

 

1937年表門のち1938年から裏門

 

当時のものは門柱のみ

 

 

筑波神社跡

 

残るは鳥居の基礎のみ

 

慰霊碑

 

1999年建立、2017現在の地に

 

 

 

 

参考

 

笠間市筑波海軍航空隊(2014年訪問、再編集版)

 

国内各地の戦跡

 

小笠原・父島の戦跡

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。