小笠原マルベリー

「訪ねて見よう!日本の戦争遺産」(安島太佳由)


 

概要

 

2009年発行、

「訪ねて見よう!日本の戦争遺産」(安島太佳由)。

【KADOKAWA公式】訪ねて見よう!日本の戦争遺産 

訪ねて見よう!日本の戦争遺産 – 新書マップ (shinshomap.info)

 

著者・安島太佳由氏の戦跡関連では、

7冊目の著書。

本書はコンパクトな新書サイズ。

 

戦争遺産を、

戦跡と読み替えてもらってもいいかと思う。

 

本書では47都道府県ごとに、

オススメの戦争遺産(戦跡)が紹介されている。

なお、鹿児島県は九州本土だけで、

奄美群島などの紹介はない。

 

表紙の写真は海軍燃料廠の志免竪杭櫓。

 

構成は、都道府県ごとに、

1ページの説明文と簡単な位置図、写真数枚である。

(写真は巻頭の数枚以外は白黒)

 

戦跡は全国にあるが、

相対的には日本海側、東北地方はやや少なめ。

 

個人的には、

かなりの戦跡は訪問済み。

 

巻末には

資料館・博物館リストや保存団体リストもある。

 

 

 

 

 

著者について

 

安島太佳由は

精力的に戦跡写真を撮り続ける写真家。

安島太佳由 – Wikipedia

安島太佳由のホームページ1 (yasujima-takayoshi.com)

 

 

小笠原来島の際には

一度ガイドをしたことがある。

 

 

 

 

 

小笠原の戦跡

 

もちろん小笠原も、

東京都の章で紹介されています。

東京都は

都心部と小笠原諸島で分けてあります。

 

日本中の戦争遺跡を見ていて、

ほぼ小笠原だけが実際の場所に火砲が残っている。

これはやはりすごい価値であろう。

 

小笠原・父島の戦跡

 

戦跡ツアー

 

 

 

 

 

 

戦跡を巡る旅

 

僕の旅は

全国の戦跡も大きな目的の1つ。

 

すでに、かなり巡っている。

 

国内各地の戦跡

 

戦跡探訪には、

こういう本を情報源ともしている。

そこからさらに詳細情報を、

検索したり、書籍を探したりしている。

 

これから戦跡探訪のかたは

本書も参考にしていただいたい。

 

 

 

参考:奄美群島

 

本章で紹介のない、

奄美群島にもかなり戦跡がある。

 

特に、

奄美大島南部の瀬戸内町には多くの戦跡が残る。

 

奄美大島瀬戸内町(大島側)の戦跡(’19年訪問・再編集版)

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP