マルベリー

宮之浜、小港、コペペ


 

 

 

宮之浜、小港、コペペ

 

二見湾の外側で車道に近く、手軽に行ける海岸を紹介します。

 

まずは宮之浜。

父島の北部にあり、

浜の北側は兄島瀬戸、さらに対岸に兄島が見えます。

歩いても中心集落からも20分ほど。

 

サンゴがよく発達している浜で、魚も多く、スノーケリングに最適。

水深も浅いので、水面からよく見えます。

沖の黄色のブイ(水深5mほど)までは流れの影響もあまりありません。

 

次は小港。村営バスの終点です。

 

ここはかなり砂浜の奥行きがあります。

海の中まで砂地が続きます。

 

なので、魚を見るにはあまり適しません。

海水浴向きですね。

 

北側には大きな穴が2つあいています。

潮が引いていると歩いてそこまで行けます。

穴の中は泳いだりカヤックで通り抜けもできます。

 

最後にコペペ。

バス路線ではないので、乗り物があると便利。

バス停のある扇浦から、徒歩20分ほど。

 

幅100mほどのこじんまりとした浜です。

ここもサンゴがよく発達しています。

 

小港も含めた入江の中は流れもほとんどありません。

水深くてもせいぜい10mほど。対岸や小港までは500mほどです。

 

 

マルベリーでは

こういう浜は景観ツアーでどこかに立ち寄ります。

また森歩きの昼休憩をこういう浜で取ることもあります。

 

自然景観ツアー(島内観光)・・自然・景観・歴史

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。