目次

概要

 

クレオソート丸の小瓶です。

 

北多摩薬剤師会 おくすり博物館 軍隊と薬、征露丸 (tpa-kitatama.jp)

「正露丸」の意味 :: 同志社女子大学 (doshisha.ac.jp)

 

高さ5cmほどのごく小ぶりな瓶です。

何粒ぐらい入っていたのかしら?

 

この瓶、複数の陸軍の洞窟陣地で残っています。

海軍でも使っていたでしょうか?

 

クレオソートは、今でいえば、正露丸です。

現在の正露丸の成分には

日局木クレオソートが含まれています。

 

https://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/truth/color.html

https://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/

 

当時は

衛生状態もあまりよくなかったでしょうから、

このクスリは常備薬で、重宝したでしょうね。

 

ちなみにうちにもありますが、

まず使うことはないですね。

子供の頃、痛む虫歯に詰めたことは覚えています。

 

戦前、軍事施設があったところには、

当時の瓶や食器類がよく落ちています。

ビール瓶は多いですね。

 

 

 

 

敵正語

 

戦時中は

外国語が適性語だったかと思います。

敵性語 – Wikipedia

 

でも、製品には、

英語表記やそのままのカタカナ表記がそれなりに残っています。

 

さすがに、刻印が入っているものまでは、

目くじら立てなかったのかもしれません。

 

クレオソートだって、ビールだって、

日本語ではありませんからね。

 

 

 

 

 

見るには?

 

僕が知っているのは

三日月山中と巽谷砲台の壕の中。

 

三日月山の壕は

ツアーで行ける場所ではありません。

 

巽谷砲台は

父島南部にあって、かなり歩きます。

千尋岩コースの時に、立ち寄ることができます。

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。