小笠原マルベリー

赤い線が2本、シマクマタケラン花


 

赤い線が2つ、シマクマタケラン花

 

概要

 

’20/6月、

シマクマタケラン(ショウガ科・固有種)の花が咲き始めました。

 

島内ではいたるところにゲットウ(ショウガ科・外来種)が見られますが、

本種はそれほど分布も個体数も多くありません。

 

花がないと、ゲットウとの違いも分かりにくいですが、

ゲットウのほうが大きくなります。

シマクマタケランは人の背丈以下ぐらいの大きさです。

 

さて花です。

円錐花序の先にいくつか花をつけます。

 

小笠原では自生ショウガ科植物は、

本種とイオウクマタケランの2種です。

 

イオウクマタケランは火山列島だけの分布です。

シマクマタケランは父島・母島で自生しています。

 

つまり小笠原群島では、

シマクマタケランのみがショウガ科自生種となります。

 

 

 

 

 

ショウガ科は花のつくりが難しいです。

簡潔に書くと、

花被片は6(萼片に相当の外花被3、花弁相当の内花被3)、おしべ6,めしべ1です。

 

まず外花被3は花の基部に筒状になっています。

内花被は白で3裂します。

 

大きい唇弁は実は花弁ではありません。

おしべ2が唇弁の形になったものです。

唇弁には赤い線が2本入っています。

 

おしべは外3,内3で計6です。

外の3のうち1は退化し、2は唇弁の脇に付属片となっています。

内の3のうち、2は唇弁に、残る1つが機能しています。

 

棒状にのびているのが、機能しているおしべ1で、

めしべも一体となっていて、先端に柱頭が見えます。

 

かなりわかりにくいですよね。

 

 

 

 

全形

 

ショウガ科特有の大きな葉が目立ちます。

 

 

 

見るには?

 

父島では

中央山のルート沿いが見やすい場所です。

他にルート沿いの自生地はほとんどありません。

 

中央山は森歩きや景観ツアーで訪れます。

 

中央山園地ルート・・父島最高峰と地球の丸さを体験

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。