マルベリー

沢で見られる、ヤマトヌマエビとオガサワラカワニナ


沢で見られる、

ヤマトヌマエビとオガサワラカワニナ

 

父島は小さな沢がいくつもあります。

 

沢の支流は渇水期には枯れてしまうこと多いですが、

本流はほとんど水が切れることなくなんとか流れています。

 

そういう沢で、見られる生物がいくつかあります。

 

 

沢の中にいる生き物はエビ、ハゼ、ウナギ、カニの仲間などです。

 

そのうち、わりとよく見られるのがエビの仲間で、

ヤマトヌマエビとトゲナシヌマエビがよく見られます。

 

個体数はとても多いです。

捕食者がほとんどいないように思います。

 

どちらも広域分布種で、固有種ではありません。

 

写真はヤマトヌマエビで、沢のやや広い部分によく見られます。

 

水温の高い夏場は動きも活発ですが、

水温の低い冬場は水底でじっとしていることが多いです。

 

 

 

濡れたい岩場やごく浅い場所で見られるのが、このオガサワラカワニナです。

固有種だそうです。

 

サイズは貝の長させいぜい2cmぐらいまでです。

 

父島の沢では

それほど個体数は多くないように感じています。

 

兄島の沢ではうじゃうじゃと言っていいぐらいの数がいます。

個体数の差は何かはよく分かりません。

 

ちなみに水面では

天然記念物のオガサワラアメンボが普通に見られます。

 

 

うちのツアーでは

沢の生き物は千尋岩コースや森歩きで紹介できます。

 

森歩き

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。