マルベリー

長崎県対馬渡海船乗船(2014年訪問・再編集版)


 

長崎県対馬渡海船乗船

(2014年訪問・再編集版)

 

2014年10月24日、

長崎県対馬市浅茅湾市営渡海船「ニューとよたま」に乗船しました。

そのときの写真記録です。

 

2014年当時、船は「ニューとよたま」でしたが、

2020年時点では「うみさちひこ」に変わっています。

http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/web/tsushimanews/post_24.html

 

2014年は樽ヶ浜殻でしたが、現在は長坂浦で少し場所が変わりました。

http://www.news.ed.jp/toyotama-h/syashinbu/kourozu.pdf

 

乗ったのは

定期航路の復路1便(樽ヶ浜~仁位・1時間20分)と往路2便(仁位~樽ヶ浜・1時間)です。

定期便に乗ったので、料金は普通乗船運賃で片道1000円以下でした。

 

乗船客ははじめ僕も入れて4人でしたが、復路1便の途中からは貸切状態でした。

僕のように観光出乗る人もいるようです。

片道で降りても、そこからのアクセスが悪いので、往復する必要があります。

 

着岸するところはほとんど限界集落のようなところばかりでした。

でもその集落の人からすると、集落すぐそばに着いて、便利なことだと思います。

 

入り組んだリアス式の地形なので、車でもかなり時間がかかりそうです。

車の運転ができない・しないような高齢者にとっては必須な乗り物です。

 

 

乗船場所案内板   樽ヶ浜 

 


ニューとよたま   樽ヶ浜


舳先部  穏やかな日はここも開放 僕はここで


樽ヶ浜


加志々


加志々 桟橋


水崎


貝鮒


貝鮒 着岸地


嵯峨


佐志賀


卯麦


仁位 


貝口 


樽ヶ浜


和多都美神社 

 
 
神社


真珠養殖 


真珠養殖 


灯台 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。