マルベリー

三日月山展望台ルート・・ダイナミックな地形と展望


 

三日月山展望台ルート・・ダイナミックな地形と展望

 

 

 

概略

 

三日月山展望台は山頂ではありませんが、三等三角点(175m)があります。

(現在、山頂は周辺の崩落がひどく閉鎖となっています)

 

三日月山は

ふもとから見て三日月の沈む・見える方向の山ということでの命名かと推定します。

 

このルートは都の園地のため、整備されて、誰でも自由に歩けます。

ルート入口はウェザーステーション駐車場脇。トイレもあります。

 

ベースの道は軍が整備した軍道と思われます。

ルートは高木の下の日陰と低木の日なたの部分とがあります。

展望台までは700mほどで緩やかに上っている一本道です。

 

途中に視界が開ける場所があり、

兄島滝ノ浦、瓢箪島、人丸島、西島などがよく見えます。

 

ルートの最後に50段ほどの階段を下ると、展望台のある岩場に出ます。

岩場は少し上る程度です。

 

ルートの高低差は往路が上り50m・下り30m程度。

(帰路はその逆)

 

岩場の下は戦時中の洞窟陣地です。

奥に入ると、真っ暗で、そこし行くと別な出口があります。

展望はあまりよくありません。

 

展望台はダイナミックな地形の岩場になっています。下はまさに崖です。

そのため、集落や二見湾が見下ろせる南側の展望が抜群です。

母島列島や兄島も見えます。

 

所要時間は展望も含め、往復で45-60分見ておけば十分です。

 

 

 

 

 

入り口付近

 

 

マップ

 

入り口

 

ウェザーステーション

 

 

 

 

ルート

 

木陰の道

 

日なたの道

 

途中の展望地

展望

 

最後の下り50段ほど

 

展望台直前  奥の岩の上が終点

 

岩の下の洞窟陣地 奥は向こうに抜けているが展望はいまいち

 

 

 

 

 

展望台

 

岩場に上る階段

 

終点 三角点と展望説明板

 

終点からの三日月山山頂  崩落がひどい

 

終点エリア

 

展望

 

 

 

視界がよければ母島も

 

 

 

 

 

ツアーで利用

 

マルベリーのツアーでは森歩きでたまに行きます。

ウェザーステーションと展望台とで1時間ほど。

 

大村第二砲台もすぐそばなので、連続して歩くことも可能です。

 

大村第二砲台跡

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。