小笠原マルベリー

足摺岬、ジョン万次郎のふるさと(2020年11月訪問)


 

足摺岬、ジョン万次郎のふるさと(2020年11月訪問)

 

 

概要

 

2020年11月、高知県土佐清水を訪れました。

目的は足摺岬と足摺岬です。

観光情報トップページ – 土佐清水市 (city.tosashimizu.kochi.jp)

 

足摺岬は四国最南端というイメージですが、

実際には沖ノ島(宿毛市)が最南端だそうです。

足摺岬・足摺岬灯台 | 土佐清水市観光協会 (shimizu-kankou.com)

 

ジョン万次郎は小笠原にも縁のある人物です。

それゆえ彼の故郷であるこの地は訪ねたかったのです。

 

足摺岬にはジョン万次郎の像があり、この地の英雄なのがよくわかりました。

高知市内は坂本龍馬ですし、松山市内は秋山兄弟、正岡子規、夏目漱石ですね。

ジョン万次郎銅像 | 土佐清水市観光協会 (shimizu-kankou.com)

 

足摺岬を訪れた日は、車で、愛媛県西予市三瓶からここまで来て、

その後、さらに高知市内まで行きました。

300㎞以上は走りました。

四国の南西部は広いのを実感しました。

 

 

 

 

足摺岬・足摺岬灯台

 

足摺岬に最も近い駐車場はスペースはそれほど大きくはないので、注意が必要です。

 

入口付近

ジョン万次郎銅像 | 土佐清水市観光協会 (shimizu-kankou.com)

 

足摺岬灯台

足摺岬灯台 – 土佐清水市 (city.tosashimizu.kochi.jp)

 

 

同 遠望  断崖の上にあります

 

 

 

 

ジョン万次郎がらみ

 

土佐清水はジョン万次郎のふるさと。資料館もあります。

ジョン万次郎資料館 | 土佐清水市観光協会 (shimizu-kankou.com)

 

中の展示では、小笠原来島のこともありました。

 

 

万次郎は中浜で生まれました。だから名字を中浜としたのですね。

 

中浜(ジョン万次郎生誕地) | 土佐清水市観光協会 (shimizu-kankou.com)

 

 

中浜には生家もありました。復元です。

ジョン万次郎生家(復元) | 土佐清水市観光協会 (shimizu-kankou.com)

 

ごく小さな家です。

 

中浜はいまでも小さな漁村という感じです。

 

 

 

ジョン万次郎と小笠原

 

万次郎は何度も小笠原を訪れています。

<ガイドブックに載っていない島案内③>(2013年投稿・再編集版)

 

現在、万次郎にまつわるものは、小笠原には何もありません。

個人的には何かあってもいいなとは思っていますが・・・

 

歴史ツアーでは

幕末の万次郎が通訳で乗ってきた咸臨丸がらみの史跡も訪れます。

そのころ小笠原は外国人が住みつき、英語でなければ通じませんでした。

 

歴史・史跡ツアー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。