マルベリー

夜明・湾岸道路一周での自生植物(4)モクタチバナ


 

夜明・湾岸道路一周での自生植物(4)

モクタチバナ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、見られた順に紹介していきます。

(4)モクタチバナ(サクラソウ科・広域分布種)

モクタチバナは

中央部の山地のエリアにかけて、よく見られる樹木です。

 

ヒメツバキの多い樹林で混生して生えています。

ただし、ヒメツバキほどは大木にはなりません。

樹皮はかなり白っぽいです。

 

低木林の中ではほとんど生えていません。

 

本種はあまり目立つ特徴もないので、印象に残りにくいですね。

 

花期は6-7月頃、

花序の先に多くの花をつけるので、多少は目立ちます。

1つの花冠は小ぶりで、白5裂、おしべ5、めしべ1です。

 

 

 

葉の形はヒメツバキと似ているので、

不慣れなころはたまに間違えたりしていました。

ただ、色はヒメツバキより緑がやや薄いです。

 

細い枝や幼木は、かなり柔らかい感じで、

力を入れると、簡単にたわみます。

 

モクタチバナ、漢字で書くと「木橘」です。

(タチバナそのものは、ミカン科ですので、科は違います)

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。