小笠原マルベリー

夜明・湾岸道路一周での自生植物(2)シマモクセイ


 

はじめに

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は

90種類ほどあります。

1種類ずつ、順に紹介していきます。

 

 

 

 

(2)シマモクセイ(モクセイ科・広域分布種)

 

シマモクセイは雌雄異株の高木~中低木です。

小笠原では中低木のイメージで、

父島では乾いた乾性低木林でもよく見られます。

 

ふだんはそれほど目立たない樹木ですが、

花期には芳香が漂ってきて、存在を意識します。

 

花は白っぽいので、

本州のギンモクセイに似た感じでしょうか。

 

小笠原での分布は父島列島や母島などです。

父島では、

低木林、林縁、道路沿いなどで見られ、個体数も多いです。

 

小笠原で自生のモクセイ科植物は

本種とムニンネズミモチの2種です。

 

このルート沿いでは

夜明道路・湾岸通りとも見られます。

特に夜明道路の奥村から中央山にかけては

各所で見られます。

 

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

 

 

 

 

 

和名

 

シマモクセイは「島木犀」と書きます。

 

南西諸島などで自生するモクセイの仲間なので、

シマモクセイでしょう。

 

モクセイ(木犀)は

キンモクセイやギンモクセイなどを指します。

もともと本州にはなかった樹木です。

モクセイ(木犀)は漢名の音読みののようです。

樹皮がサイの皮に似ているということです‥

 

モクセイ – Wikipedia

 

島ではかつて、

ナタオレノキ(鉈折れの木)と呼ばれていました。

鉈が折れるくらい材がかたいということですね。

 

似たような意味合いの島名としては

アレキサンドル(アックス・ハンドル、斧の柄)があります。

これはシャリンバイのことです。

このシリーズですぐに出てきます。

 

夜明・湾岸道路での自生植物(15)シャリンバイ

 

 

 

 

葉と果実

 

葉は対生で、葉先は尖っています。

果実は楕円形(縦1.5cmほど)で黒く熟れます。

 

ちなみに、

本種は雌雄異株なので、果実がつくのは雌株のみ。

 

 

 

 

 

 

雌雄異株なので、

雄花と雌花(両性花)で違いがあります。

 

雌雄の花ですが、

花冠は白4裂、おしべ2、めしべ1です。

11月頃花期ですが、さわやかな芳香が漂います。

 

雌花(両性花)は、

めしべの柱頭がおしべの位置くらいまでのびています。

 

 

雄花は、めしべが退化して、おしべの位置までのびていません。

奥の方に見える程度です。

 

雌雄は、

おしべよりめしべで比べるとわかりやすいかもしれません。

見比べてみてください。

 

 

 

 

 

 

ツアーでは

 

本種は林内に限らず、山地の道沿いでも生えているので、

ほとんどのツアーで紹介できます。

 

全ツアーメニュー

 

雌雄の比較などは森歩きツアーで紹介できます。

 

森歩き

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。