小笠原マルベリー

碇マークのホーロー(琺瑯)海軍食器


 

碇マークのホーロー(琺瑯)海軍食器

 

 

ホーロー引き海軍食器

 

父島の山中には海軍の軍用食器が残っているところがあります。

金属製で琺瑯(ホーロー)引きです。

サイズは4タイプの食器があるようです。

 

外側が薄いブルーで、内側は白です。

 

外側の中央部に錨のマークが入っています。

このマークのデザインが2種類あります。

 

 

 

2タイプの錨マーク

 

 

1つめはE・Wが入っているもの。

言わずとしれた方角の略称ですね。

でも、なぜ東西が逆なのでしょう?これも不思議。

 

このマークは三重琺瑯株式会社製のようです。

株式会社MIEテクノ (mie-corp.jp)

 

 

 

もう1つは錨と旭日の組み合わせのものです。

 

この2種はどういう違いがあるでしょうか?

どうやら製造会社が違うようです。

まだ調べがついていないので、何か情報を見つけたいと思っています。

 

 

 

陸軍の軍用食器(陶器)

 

 

この陶器の食器も何種類かあるようです。

こちらの方が山中で多く残ります。

 

裏側の刻印から、名古屋製陶所製(現在の鳴海製陶)です。

鳴海製陶株式会社/食器・洋食器の「ナルミ」

 

陸軍軍用食器(名古屋製陶所製)

 

 

 

 

ツアーでは

 

ツアーで海軍食器を紹介できるところは限られています。

 

僕が案内しているところでは2箇所ぐらいしかないです。

あまり行くところではないので、リクエストいただければ、コース設定します。

 

 

戦跡ツアー

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。