小笠原マルベリー

陸軍弾薬庫、海軍重油槽・・整備・公開してほしい戦跡


 

陸軍弾薬庫、海軍重油槽・・整備・公開してほしい戦跡

 

概要

 

父島集落には、大規模な海軍重油槽、陸軍弾薬庫が残っています。

ただし、残念ながら閉鎖され、公開されていません。

 

ハードルは高いですが、今後、整備・公開を期待する戦跡です。

ある意味、宝の持ち腐れです。

 

国内でもこれほどのものはわずかしか残っていません。

特に地下洞窟式の海軍重油槽は国内ではここだけだそうです。

陸軍弾薬庫は奄美大島瀬戸内他にもわずかにあるようです。

奄美大島は整備・公開されています。

奄美大島瀬戸内町の戦跡:

 

陸軍弾薬庫は1927年から着工、1943年頃には完成していたようです。

海軍重油槽は、1937年以降に建設されいます。

もとは二見海軍貯炭場(1917・石炭)から始まり、

のち二見燃料貯蔵場(1928・重油)となり、重油槽が建設されました。

 

*このブログの写真は調査などで入ったときのものです。

 

 

 

陸軍弾薬庫(清瀬弾薬本庫)

 

現在、閉鎖されている3つの清瀬弾薬庫。

1号庫は独立、

3号庫と2号庫は横通路でつながっています(それぞれ外部扉もあります。)

 

いずれも外部扉からは通路があり、

その内部に外庫と内庫の二重構造となっています。

 

 

米軍占領下、

ここにはポラリスミサイルの核弾頭が保管されていたとの情報もあります。

012000500003.pdf

 

 

 

図面  小笠原高校研究紀要13号 84ページ

 

3号庫内庫  

内庫は幅5mほど、奥行25mほどあり、銅板が貼られています。

3号庫は清涼弾薬庫といわれています。

内庫は2重扉となっています。

 

内庫 二重扉(内側)

 

内庫 二重扉(外扉)

 

同扉 外側から

 

内庫の外壁

 

通路を経て外部扉

 

 

 

 

二見海軍燃料貯蔵場(清瀬重油槽)

 

福祉センターの向かい、小笠原高校のグランド直下に、

大きなステンレスの扉が3つあります。

残念ながら閉鎖されていますが、

これが二見海軍燃料貯蔵場(清瀬重油槽)です。

地下洞窟式重油槽が残っているのはは全国でもここだけだそうです。

 

高校研究紀要13号によると、

ここは国有地から高校に移管されたときに、用途条件があったようです。(用具置場?)

 

扉を開けると通路があって、その先に内容量を示すものがあります。

さらにその奥が重油槽です。

1つにつき3000㎥入りますから、3つで9000㎥です。

 

1つの槽だけ壁が壊されて内部に入れるものがあります。

内部は鉄板で覆われていて、、中央部に通風孔があります。

(内部の写真は見つからないため記載なし)

 

 

     

内部構造  小笠原高校研究紀要 13号  95ページ

 

3箇所のステンレス外扉

 

西側(左)の通路 

 

西通路の奥   内容量を示す

 

同 目盛り拡大

 

 

今後について

 

この2つの施設は東京都(小笠原支庁、小笠原高校)管理下にあります。

 

整備・公開の方向性を出すには、

村民や行政を動かし、まずは再調査が必要です。

村、支庁、高校の長クラスの理解・賛同も必要です。

 

その後、安全面での整備をし、ようやく公開となります。

公開できれば、内部を戦跡の資料館という位置づけも可能かもしれません。

 

まずは整備・公開の可能性を探るところからです。

 

小笠原は自然資源が豊かで、世界自然遺産ともなったぐらいなので、

自然資源の保全・保護にはかなり力が入っています。

一方、文化資源の保全・保護についての動きはややにぶいと感じています。

前途多難です。

 

 

 

ツアーでは

 

両者とも閉鎖されているので、内部は紹介できませんが、

外部の場所は景観や戦跡ツアーで紹介できます。

 

戦跡ツアー

 

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。