小笠原マルベリー

陸軍大村第三砲台跡・・藪の中


 

陸軍大村第三砲台跡・・藪の中

 

 

概要

 

大根山墓地から奥の道路沿いに残る大村第三砲台跡。

訪れる人もほとんどいないようで、藪になっています。

 

父島西側の外洋を見渡せます。(現在は樹林でほとんど展望なし)

 

大村第一~第四砲台は、敵艦艇に対する二見港防衛のため、

大正末期から工事が始まりました。

 

第三砲台跡は4つあり、ほとんど平坦な尾根道にあります。

砲台は海に面して、北から南に並びます。

*ここでは北を1番とし、順に2-4番とします。

北側1と2がそばにあり、少し離れて、南側3と4がまたそばにあります。

1番砲台から近いところに観測所も残っています。

 

父島要塞築城史によると、

はじめ七年式十五糎加農砲、 のち三八式十糎加農砲などが計画されましたが、

実際には太平洋戦争時には十一年式七糎(七糎半)加農砲4門が据えられていました。

父島要塞築城史 (ogasawara-mulberry.net)

 

この砲台は、戦争末期に、近くの洞窟陣地に移設されました。

そこに3門の大砲が残っています。(1門は不明)

 

 

砲台

道沿いに1(北)-4(南)番砲台まで並びます。

 

1番砲台

同  砲側弾薬庫

 

2番砲台

 

同 砲側弾薬庫

 

3番砲台

 

同 砲側弾薬庫

 

4番砲台

 

 

 

観測所

 

1番砲台から、少し北側の尾根の上にあります。

 

 

全景

 

内部 内部からは西側外洋側、二見湾内とも視界が効きます。

 

外観

 

 

近くのトーチカ

 

このトーチカは戦争末期のものと思われ、

大村第三砲台とは関係ないかもしれません。

 

道路沿いからの外観

 

銃眼 外側から

 

内部

 

奥の洞窟に向かう鉄扉  洞窟は崩落子、危険のため通行不可

 

 

 

 

移設後の洞窟陣地

 

大砲4門は、戦争末期に近くの洞窟陣地に移設。

大根山1、大根崎2が残ります。1門は不明です。

 

大根崎の洞窟陣地

十一年式七糎加農砲(大根崎): 

 

大根山洞窟陣地

十一年式七糎加農砲(大根山):)

 

 

展望地にどうでしょうか?

 

現在は放置され、訪れる人も少なく藪になっている砲台跡です。

しかしこの場所は、西側の外洋に面しており、展望もいい場所です。

夕日のスポットとしても期待できます。

 

藪を切り開き、砲台跡を整備し、展望地にすることを期待します。

砲台の中にベンチや見晴らし台をセットすればなおいいですね。

 

現在、まちのほうの夕日のスポットはウェザーステーションです。

徒歩だと30分ぐらいかかります。

駐車場も10台ほど分しかなく、天気のいい夕日の時間は混み合っています。

 

ここが夕日のスポットになれば、ウェザーと利用の分散になります。

徒歩だと15分ぐらいですみます。

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

ツアーでは

 

戦跡ツアーで紹介しています。道沿いなので、すぐに見られます。

ただし、観測所は足場が悪いので見学は不可です。

大根山墓地公園も近いので、連続で紹介できます。

 

戦跡ツアー

 

大根山公園・墓地に残る戦跡

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。