小笠原マルベリー

アオウミガメ料理2品・・カメチャーシューとカメホルモン


 

アオウミガメ料理2品・・カメチャーシューとカメホルモン

 

概要

 

新年度を迎え、家族で外食しました。

コロナ禍で、飲み会もほぼなくなり、家族で外食もかなり少なくになりました。

久々の外食でした。

 

ということで、寿司を食べに行きました。

ちなみにまわる寿司屋は島にはありません。

 

アオウミガメ料理も少し頼みました。

この日頼んだのは定番ではなく、カメチャーシューとカメホルモンでした。

我が家ではカメチャーシューは定番ですが・・

 

なお、

この日食べてはいませんが、カメポン酢もあわせて紹介します。

 

 

 

 

カメチャーシュー

 

カメチャーシュー

 

煮こごりが甘く味付けしてあり、食べやすいです。

あまりカメっぽくはないです。

カメ肉のこりこりした食感があります。

 

 

 

カメホルモン

 

カメホルモン

 

カメ肉を入れた野菜炒めという感じです。

それなりに油っこいです。

味付けは薄味ですので、好みで醤油を足すのもいいです。

 

野菜の味があるので、ほとんどカメとタマネギだけの煮込みより、

食べやすいのではないでしょうか?

 

 

 

カメポン酢

 

この日は頼まなかったのですが、以前に食べたのを紹介します。

 

カメポン酢

 

ポン酢仕立てのカメ煮込みです。

アオウミガメ独特の臭みがポン酢でほぼなくなっています。

普通の煮込みがやや苦手な方でも、食感を楽しむならこれはいいですね。

ポン酢なので、さっぱりとした食感です。

 

 

 

食べるには?

 

寿司割烹の丸丈さんです。

カメはもちろん定番の刺身や煮込みも食べられます。

 

丸丈

 

カメホルモンとカメチャーシュー

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その13「アオウミガメの食文化を楽しめる」

 

小笠原に来なくてはいけない理由

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。