小笠原マルベリー

夜明・湾岸道路一周での自生植物(41)オキナワテイカカズラ


 

夜明・湾岸道路一周での自生植物(41)オキナワテイカカズラ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

(41)オキナワテイカカズラ(キョウチクトウ科・広域分布種)

 

常緑つる性木本のオキナワテイカカズラ(キョウチクトウ科・広域分布種)。

4月後半ぐらいから花期となります。

 

オキナワテイカカズラの花

 

分布は小笠原の各島に広く分布します。

つる性のため、

林縁で他の樹木の樹冠や岩場などに這うように生えています

個体数も多いです。

 

このルート沿いでは、

山側、海側ともに、各所でぽつりぽつりと目にします。

 

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

本種は、かつて固有種とされていた時期もありました。

のちに、テイカカズラと同種という見解になりました。

さらに、現在はオキナワテイカカズラと同じということになっています。

 

小笠原群島で、キョウチクトウ科自生種は

本種(広域分布種)とヤロード(固有種)の2種のみです。

 

 

 

 

和名

 

和名のオキナワテイカカズラは「沖縄定家葛」です。

沖縄で自生するテイカカズラの意味で、カズラ(葛)はつるのことです。

 

テイカとは藤原定家にちなんでいます。

百人一首で、定家の作品は、

「来ぬ人を まつほの浦の  夕なぎに 焼くや藻塩の  身もこがれつつ」

(こぬひとを まつほのうらの  ゆうなぎに やくやもしおの みもこがれつつ)

そして、テイカカズラとなって墓にまでからみついてしまったのですね。

 

 

 

全景

 

他の樹木に絡みついています。

 

同 近景

 

 

 

花と葉

 

花冠は乳白色5裂で、

裂片は少しねじれ、プロペラのような形になっています。

 

おしべ・めしべはほとんど見えませんが、

筒部の中でおしべ5、めしべ1です。

 

葉は対生、表面はツヤツヤしていて、濃いめの緑です。

 

 

 

 

 

見るには?

 

山地の方の道路沿いや明るい林縁などで、他の樹木にからみつつ生えています。

花期以外は見つけにくいかもしれません。

おもに森歩きのツアーでご紹介します。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。