小笠原マルベリー

サトイモ科つる性のシンゴニウム開花(’21/10月下旬)


 

サトイモ科つる性のシンゴニウム開花(’21/10月下旬)

 

概要

 

シンゴニウム(サトイモ科・外来種)の肉穂花序を見つけました。

 

三日月山に行く道沿い、村営バスの車庫付近で、

樹木にからみついていました。

本種はつる性のようです。

 

この仲間は、観葉植物しても栽培され、

複数の品種があるようです。

 

本種は、サイトなどで調べた限り、

シンゴニウム・ポドフィルム「アルボビレンス」と推定します。

(Syngonium pododhyllm Albovirens)

 

「シンゴニウム」の育て方・管理の仕方 | 

東山植物園  夫婦のネット花図鑑 (i5051.com)

八丈植物公園温室【シンゴニウム】 (hachijo-vc.com)

 

父島で、

野生化している場所はそれほど多くはないと思います。

清瀬、扇浦周辺には少しあるようです。

 

 

 

 

和名

 

シンゴニウム・ポドフィルム「アルボビランス」は学名からです。

(Syngonium pododhyllm Albovirens)

 

和名は「ミツバカズラ」というのがありました。

漢字では「三つ葉葛」でしょう。

 

ただし、ネットで調べてもわずかしか出てこないので、

あまり使われていないかもしれません。

 

ブドウ科にもミツバカズラ属があるので、

混同しそうで紛らわしいですね。

 

 

 

 

生えている様子

 

樹木にからみついて生えています

 

同上 近景

 

葉は3出。

3出のうち両側は、さらに複数の葉に分かれています

 

仏炎苞と肉穂花序

 

仏炎苞がめくれて、肉穂花序が露出

 

花の部分は

上が雄花、下が雌花でしょうか?

 

 

 

 

 

見るには?

 

今回花を見つけたのは

村営バスの車庫付近の道端でした。

 

清瀬、扇浦方面にもあるようですが、

生えているところはあまりよくわかりません。

 

ツアーで紹介することはまずないかと思います。

リクエストがあれば、紹介します。

 

全ツアーメニュー

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。