小笠原マルベリー

「武将列伝 戦国爛熟篇」新装版(海音寺潮五郎)


 

「武将列伝 戦国爛熟篇」新装版(海音寺潮五郎)

 

概要

 

新装版2008年発行、

「武将列伝 戦国爛熟篇」(海音寺潮五郎)

 

文春文庫『武将列伝 戦国爛熟篇』海音寺潮五郎 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS (bunshun.jp)

海音寺潮五郎 – Wikipedia

 

武将列伝は新装版5巻シリーズとなっています。

本書は戦国爛熟篇で、

7人の武将の生涯が描かれています。

 

人物は、

竹中半兵衛、大友宗麟、山中鹿之介、明智光秀、

武田勝頼、徳川家康、前田利家など。

 

それぞれの生涯が短くまとまられています。

個性がうまく表現されていると思います。

 

人物伝のはじめで出てくる出自については、

数代さかのぼり、かなり細かく書かれています。

ここはちょっと読み飛ばしたくなる部分もありました。

 

読んでいて、

かなり史実に忠実であろうとしているのを感じさせます。

 

興味を引いた話題を2つほど。

 

竹中半兵衛の生涯で、

信長から、黒田官兵衛の息子を殺すように命令を受け、

こっそり逃がしたこと。

その殺されなかった息子が黒田長政です。

 

前田利家と豊臣秀吉は家がもと隣どおしで

夫人(北政所とまつ)も仲がよかかったとか。

そのこともあり、

秀吉の柴田勝家攻めでは前田(当時・前田に属する)は

手を出しませんでした。

 

 

 

 

参考

 

「新装版 播磨灘物語 (全4巻)」(司馬遼太郎)

 

「新史 太閤記 上・下」(司馬遼太郎)

 

「覇王の家」(司馬遼太郎)

 

「関ヶ原(上)・(中)・(下)」(司馬遼太郎)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。