小笠原マルベリー

「ナサニエル・セボレーの墓碑」(都指定有形文化財)


 

「ナサニエル・セボレーの墓碑」(都指定有形文化財)

 

概要

 

父島の大根山には

戦前からの旧墓地と返還後の新墓地があります。

 

旧墓地には、

都指定有形文化財のナサニエル・セボレーの墓もあります。

文化財名は「ナサニエル・セボレーの墓碑」です。

詳細情報 : 東京都文化財情報データベース (tokyo.lg.jp)

文化財 | 小笠原村公式サイト (vill.ogasawara.tokyo.jp)

 

セボレーはアメリカ生まれで、

1830年から定住した人物の1人です。

1830年が継続した定住の始まりです。

彼の墓のまわりには子孫の墓もあり、

せボレー家の墓となっています。

 

墓の位置は

道沿いからはわかりにくいところにあります。

近くまで行くと、ようやく説明板が見える程度です。

 

墓地は誰もが訪れてもいいはずですが、

あまり大勢で行くのもよくないかもしれません。

そのあたりの機微は、

当事者でない僕にはややわからないところです。

 

 

 

 

 

ナサニエル・セボレーについて

 

墓碑の説明板

1830年、ハワイから欧米人5人と現地人の計20数名が、

小笠原に定住をはじめました。

 

欧米人5人のうち、

1853年ペリー来航のころには、彼だけ島にいました。

(他は島を離れたり、亡くなったり)

そのころには、島でリーダーとなっていました。

 

墓碑によると、アメリカのブラッドフォード生まれ、

1874年4月10日死去、享年80歳。

彼が島での在命期間、

幕府が一時領有する形をとりましたが、ほとんどが無国籍状態でした。

日本が正式に領有するのは1876年からです。

 

ナサニエル・セイヴァリー – Wikipedia

 

Nathaniel Savoryの日本語での書き方は複数あります。

現在は

ナサニエル・セボレーあるいはナサニエル・セーボレーが普通です。

なお、

現存する子孫の方の名字は「セーボレー」か「瀬掘」です。

 

 

 

 

墓碑の日本語訳

 

ナサニエル・セボレーに捧げる

 

アメリカ・マサチューセッツ州エセックス群

ブラッドフォードで生誕

そして、この島の最初の入植者(定住者)の1人で、

1874年4月10日、80歳で旅立つ

 

ナサニエル・セイヴァリー – Wikipedia

エセックス郡 (マサチューセッツ州) – Wikipedia

 

 

 

 

現地の様子

 

旧大根山墓地

セボレーの墓は奥の下部の方

 

 

セボレー家の墓

左奥にナサニエル・セボレーの墓

 

墓と説明板

 

 

 

 

 

見るには?

 

旧大根山墓地にあります。

集落から徒歩でも15分ほど。

墓地は自由に立ち入りできますが、

説明板がないので、わかりにくいです。

 

島民がお参りに来ているときは

行動についてご配慮願います。

 

歴史ツアーで訪れれています。

(場所が狭いので、大人数の時は行きません)

 

歴史・史跡ツアー

 

 

 

 

参考:島かるた

 

え:江戸時代 アメリカ生まれ 島の父

            :ナサニエル・セーボレー

 

説明文:

「1830年、ハワイから欧米人5人と現地人の計20数名が、

 小笠原に定住をはじめた。

 欧米人5人のうち、1853年ペリー来航のころまでに、

 1人だけ生き残り、リーダーとなっていたのが、

 ナサニエル・セーボレーである。

 墓碑によると、アメリカのブラッドフォード生まれ、

 1874年4月10日死去、享年80歳。

 彼の墓は、東京都有形民族文化財に指定。」

 

小笠原 島かるた(小笠原村商工会)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。