小笠原マルベリー

千尋岩(ハートロック)コース(’22/4/18)


 

 

概要

 

’22/4/18、千尋岩コースでした。

参加者はハネムーンのご夫婦を含む4名様でした。

 

集合時は霧雨で、山は霞んでいました。

雨予報ではなかったので、

のちに回復するだろういう見込みで出発。

 

足元のコンディションが悪いのは

前日の下見で折り込み済み。

僕は2日続けて千尋岩ということです。

 

結局、往路はかなりの時間が霧雨でした。

 

目的地ではかなりの雲海でした。

何とか海が見える程度の視界2-3%という状況でした。

休憩中に少し改善しましたが、

それでも5%ほどまででした。

視界についてはかなり残念でした。

 

帰路は雨もやんでいましたが、

標高150mぐらいまで下りて、ようやく取れました。

 

雨期に近い5月前後は

ガスのかかるコンディションがよくあります。

そうなると、

目的地でこの日のように視界不良の場合がよくあります。

 

この日のツアーでは

天気予報から、僕は回復する見込みだったので、

想定が外れ、僕としてはかなり残念でした。

 

歩くルートはいつもの通りできたのですが、

参加者のみなさんが、楽しんでいただけたかやや不安です。

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

当日の様子

 

 

目的地直前の断層

かろうじて海が見えます。

 

同上

 

千尋岩の上

 

千尋岩の上も枕状溶岩

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その9「枕状溶岩があちこちにありすぎる」

 

衝立山からの下り坂

通行には支障ないですが、台風で倒れ掛かる樹木

 

林内を歩く様子

 

沢筋で見つけた多くのヤコウタケ

 

水滴がついたミズイモ

 

白っぽい林内  ガジュマル林

 

同上   ツルアダンのしげる場所

 

夜明・湾岸道路での自生植物(20)ツルアダン

 

同上   日産軍用車

 

ニッサン(日産)の軍用車残骸

 

 

潮枯れの千尋岩付近

 

 

 

 

 

ツアーは?

 

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。