小笠原マルベリー

「岩崎亀五郎之墓」(聟島/むこじま)


 

 

概要

 

聟島の中腹の樹林に、

「岩崎亀五郎之墓」があります。

 

視界は樹林で邪魔されますが、

眼下の海の方(南浜)を向いています。

 

墓石の下部は

まさにアオウミガメの形となっています。

 

岩崎氏は明治23年6月6日入島、

昭和13年(1938)9月24日没、享年73歳。

 

墓は

芦沢信元氏(岩崎氏の知人)書で、

つくったのも芦沢氏のようです。

 

建立の日付は定かではありませんが、

戦前と思われます。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

正面 「岩崎亀五郎之墓」

南浜の方を向きます

 

基部は四角のコンクリート。

その上に、下から、

円形の台座、アオウウミガメ石像、円柱の墓石です。

 

裏面  岩崎氏の略歴など

 

碑銘(旧漢字は現代漢字に変更)

 

「常陸国那珂湊之人諱(いみな)敬勝字吉甫配市毛氏

 明治二十三年六月六日入島

  昭和十三年九月二十四日没享年七十三歳

                自建之

          辱知水戸芦沢信元書      」

 

 

 

 

 

碑銘意訳

 

<全文>

「常陸国那珂湊之人諱(いみな)敬勝字吉甫配市毛氏

 明治二十三年六月六日入島

  昭和十三年九月二十四日没享年七十三歳

                自建之

          辱知水戸芦沢信元書      」

 

 

 

<訳文>

「常陸国那珂湊之人諱(いみな)敬勝字吉甫配市毛氏」

茨城県那珂湊出身、

諱(いみな・生前の名<本名>は敬勝、

字(あざな・元服下からの通称)は吉甫、

市毛氏から妻をめとる(配す)

 

「明治二十三年六月六日入島」

字の通り

 

「昭和十三年九月二十四日没享年七十三歳」

字の通り

 

「自建之」

自らこれを建つ(建立)ということです。

没後に建立なので、

芦沢氏に依頼してあったといことでしょうか?

 

「辱知水戸芦沢信元書」

辱知(知人)水戸の芦沢信元が碑銘を書く。  

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

聟島は指定ルートがあるので、

上陸観光は可能です。

 

2022年時点、

定期的な聟島を訪れるツアーはありません。

不定期でのツアーはごくまれにあるようです。

 

 

という状況ですので、

ほぼ見ることはできないと思ってください。

 

父島には

岩崎氏の足跡はありません。

 

 

 

 

 

参考

 

小笠原・父島の史跡・碑

 

歴史・史跡ツアー

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。