小笠原マルベリー

村役場主催「弟島視察会」(’22/11/23)


 

 

概要

 

’22/11/23

村役場主催「弟島視察会」にスタッフとして参加しました。

 

海も穏やかになったので、

このイベントも予定通り開催できました。

 

先週、下見に行っていて、

その様子はすでに記事を書いています。

 

村民向け視察会の下見で弟島へ(’22/11/17)

 

視察会での僕の役割は

担当チーム(A班)の先導役(ガイド役)です。

つまり、いつもの仕事とほぼ同じです。

 

設定コースは下見と同じです。

南の黒浜から上陸。

その後は急坂を上っていきます。

 

解説スポットは、

トンボ池、オガサワラグワ植栽地、一ノ谷学校跡、

天海山などです。

 

僕も少し植物の解説をしました。

 

気温は25度ぐらいで、

歩きやすい時期となっています。

歩いていて、それほど汗をかくこともなかったです。

 

弟島でのA班の行程は

8:30-14:400頃でした。

休憩も含めて約6時間ですね。

 

参加の皆さんも、

トラブルもなく、無事完歩されました。

 

晴れていたので、

天海山での展望をもとてもよかったです。

ここでの休憩は気持ちよかったです。

 

 

 

 

 

 

当日の様子

 

 

黒浜から上陸

 

山を上り始めたところ

 

 

急坂を上り切った台地の上

 

ここまで30分ほど

 

人口的なトンボ池

 

講師の解説ポイント

 

 

藍ノ沢 オガサワラグワ植栽地

 

 

同上  講師の解説ポイント

 

一ノ谷 弟島分校跡と駆除中のガジュマル林

 

講師の解説ポイント

 

 

 

一ノ谷  ポスト跡

 

一ノ谷で昼休憩

 

ここで講師の解説も

 

 

天海山

 

講師の解説と休憩

 

弟島・天海山の三等三角点(229m)

 

 

同上  北側展望

 

<展望動画>

 

 

同上  休憩中

 

 

黒浜からの帰路

 

 

 

 

 

参考

 

マルベリーレポート集

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。