目次

概要・和名

 

ウィキでは

「枝が軟らかく、役に立たないため、

 ウドノキと名付けられたという」となっています。

(つまり「独活の大木」)

 

しかし、本来、「独活の大木」とは、

食用になるウドのことをさしています。

 

ウドノキは大木になる樹木ですが、

材がウドの茎のように役に立たないので、

ウドノキと呼ばれるようになったということですね。

 

ウドノキ(オシロイバナ科・広域分布種)は、

実際にかなり大木になります。

独活の大木という表現は

ウドノキのほうが合っているようにも思います。

 

こういう不名誉な和名は、差別用語と同じで、

今後、よりよい和名に変えていくのも必要かもしれません。

 

和名の由来とは裏腹に、

見た目はあまり印象になりにくい樹種です。

 

本種が属するオシロイバナ科には

小笠原でもよく見るブーゲンビレアもそうです。

また南島に自生するナハカノコソウも同じ科です。

これらとウドノキが同じ科とは想像もつきませんね。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

樹皮はかなり白っぽいです。

 

葉はかなり大きめです。(モモタマナぐらいあります)

 

 

 

 

見るには?

 

父島では湿潤なエリアで自生しますが、

数が少なめで、ガイドするルート沿いにはわずかしかありません。

 

千尋岩ルートでは数本あるので、たまに紹介しています。

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。