小笠原マルベリー

白花4弁のムニンノボタン


 

概要

 

例年7月初旬から中旬にかけて

開花するムニンノボタン(ノボタン科・固有種)です。

 

ルート上で見られるのは植栽株で、

野生株のところは観光利用できません。

 

小笠原でのノボタン属の自生種は4種で、

3種は固有種です。

 

父島のムニンノボタン、母島のハハジマノボタン、

北硫黄島のイオウノボタン、南硫黄島のノボタンです。

南硫黄島のノボタンのみ広域分布種です。

 

ムニンノボタンは普通4弁ですが、

他の3種は5弁です。

 

またムニンノボタンだけ白花ですが、

他の3種は色合いがやや違いますが、

薄桃色から桃色です。

 

なお、父島での自生株の所は、

ガイドツアーでは行けません。

同じように開花していれば幸いです。

 

 

 

 

 

和名

 

ムニンノボタンは「無人野牡丹」です。

小笠原のノボタンという意味ですが、

本種は父島のみに自生します。

 

ノボタン(野牡丹)は、山野で見られ、

花色などがボタンに似た種という意味でしょう。

 

ノボタンとボタンでは科が違うので、

花の形は似ているようには見えません。

似ているのは花色だけですね。

 

ムニンノボタンは花色が白なので、

花色さえ似ていません。

 

 

 

 

 

 

花は枝先に単生で、白い4弁。

おしべ(長・葯は赤、短・葯は黄で、4ずつ)、めしべ1です。

 

花弁の中央部には

薄い赤みのあるラインが入っています。

 

 

 

樹形

 

本種は低木性で、せいぜい人の背丈ぐらいの樹高です。

 

 

 

 

 

葉は対生で、先の尖った楕円形、葉脈は三行脈で特徴的です。

 

葉の両面に少し毛が生えています。

 

 

 

 

 

見るには?

 

植栽株を見るのは

保護地域のルート沿い2箇所で見られます。

 

東平&初寝山(森歩き)

 

夜明平(村民の森・ムスタング・ノボタン)ルート紹介

 

観光の方はガイドツアーにご参加下さい。

 

うちのツアーでは

森歩きのどちらかのルートで紹介します。

 

森歩き

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。