マルベリー

硫黄島三島クルーズ写真(2006年乗船・再編集版)


 

硫黄島3島クルーズ写真(2006年乗船・再編集版)

 

 

 

概要

 

2006年9月9-10日、硫黄島3島クルーズでの写真集です。

クルーズ中の写真や南硫黄島、硫黄島、北硫黄島など。

(当時は2代目おがさわら丸です)

 

クルーズの主催は小笠原海運です。

http://www.ogasawarakaiun.co.jp/

 

通常運航している便の中で、

設定日に父島停泊中に実施のクルーズです。(入港日の夜から、翌日夕まで)

 

3島は北から、北硫黄島、硫黄島、南硫黄島の順に50kmほどずつ離れて並んでいます。

クルーズでは父島夜出発、翌早朝に、南硫黄島に着。

のち北上し、硫黄島、来た硫黄島の順に航海し、父島に夕方戻ります。

それぞれの島ではゆっくりと周遊します。

 

このクルーズは、毎年実施されていますが、僕はこの乗船以降は乗っていません。

 

理由は、一度は見ておきたい島ですが、一度見れば十分だからです。

もし、どこかに上陸できるなら、何度も乗りたいですけど。

それはきっとないですね。

 

なお鳥好きな方は珍しい鳥が見えたりするので、リピーターの方もそれなりにいるようです。

僕はそこはあまり興味引かないので。

 

 

 

 

 

出発前と航海中

 


出発前のオリエンテーション

 


船内硫黄島資料展示

 


デッキ風景

 


帰路、夕暮れの母島

 

 

 

 

 

 

南硫黄島


南硫黄島到着

 

 


山頂もかすかに望めた

 

 

 

 

 

 

硫黄島


硫黄島 パイプのよう


硫黄島北側


擂鉢山付近


擂鉢山

 

 

 

 

北硫黄島


北硫黄島


北硫黄島


北硫黄島 崩落箇所


北硫黄島 


北硫黄島

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。