マルベリー

渡辺崋山「商人八訓」(2009年投稿・再編集版)


 

渡辺崋山「商人八訓」(2009年投稿・再編集版)

 

渡辺崋山が商人のあり方について書いたのが「商人八訓」です。

 

 

 

 

内容

 

一 先ず朝は、召使いより早く起きよ

ニ 十両の客より百文の客を大切にせよ

 

三 買い手が気に入らず、返しに来たならば、

           売る時より丁寧にせよ

四 繁盛するに従って、益々倹約せよ

五 小遣いは一文より記せ

六 開店のときを忘れるな

七 同商売が近所にできたら

       懇意を厚くして互いに勤めよ

 

八 出店を開いたら、三ヵ年は食料を送れ

 

 

 

 

 

解釈

 

2009年時点でとあるサイトに出ていた解釈です。

(現在はありません)

 

「意味は、率先垂範、

 購入金額の多寡でお客様を区別するな、

 返品のときこそ大切に扱い次の来店を期せ、

 繁盛し始めたからといって謙虚さを忘れるな、

 小遣いの始末をしっかりやれ、

 初心忘れるべからず、

 同業者とはよきライバル関係に、

 従業員が独立したら3年は面倒を見よ。」

 

ということです。

 

 

 

自分の事業では

 

すべて同意します。

しかし実践となると、疑問符が残るものがいくつかあります。

 

一 先ず朝は、召使いより早く起きよ   

◎できてる

 

ニ 十両の客より百文の客を大切にせよ

△ ややニュアンスは違いますが、

  ツアー催行は2名様からで、1名様はお断りすることもあります。

 

三 買い手が気に入らず、返しに来たならば、売る時より丁寧にせよ

△ いわゆるクレーム対応ですが、

  気が弱いのでアンケート結果はあまり見ません。

 

四 繁盛するに従って、益々倹約せよ

〇 あまり繁盛していないので、つねに倹約です。

 

五 小遣いは一文より記せ

〇 事業はちゃんとしてます。自分の小遣いはなにもしていません。

 

六 開店のときを忘れるな

△ これ大事ですね。

 

七 同商売が近所にできたら懇意を厚くして互いに勤めよ

△ ライバルでもあるので、その気持ちの方が強く出てしまいます。

 

八 出店を開いたら、三ヵ年は食料を送れ

? スタッフを使わないので、経験なしです。

 

 

印を付けて考えると、あまり実践できていません。

お恥ずかしい限りです。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。