小笠原マルベリー

横須賀市観音崎砲台(2020年11月訪問)


横須賀市観音崎砲台(2020年11月訪問)

 

概略

 

202年11月、観音崎公園内の観音埼砲台を訪ねました。

観音崎砲台ガイド (tokyowanyosai.com)

 

 

 

公園と砲台の関係は、もともと砲台だったところが公園になったものです。

県立 観音崎公園 (kanagawaparks.com)

観音崎公園|観光スポット|横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」 (cocoyoko.net)

 

一通り、歩いて見て回ると、三時間近くかかりました。

歩き疲れました。

 

この砲台は、関東大震災以降に、古くに廃止になっていたようです。

古い砲台ゆえ、レンガが多く使われています。

 

つまり、観音崎公園はこの要塞がそのまま公園になったのですね。

歩道脇の石垣やトンネルも当時つくられたものですね。

 

横須賀は鎮守府のあった場所です。

他の鎮守府とともに、日本遺産となっています。

ここは陸軍の要塞ですが、横須賀の日本遺産に含まれます。

横須賀市 – 日本遺産 – 鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 (kyugun.jp)

 

 

 

 

砲台跡

 

一般には立入りできないところや、完全になくなってるところもあるので、

すべてではないですが、行けるところはみな見てきました。

 

砲台説明

 

第1砲台(北門第1砲台)

 

第2砲台(北門第2砲台)

 

第3砲台   現在は海の見晴らし台となっています

 

第3砲台に抜けるトンネル

 

 

第3砲台からの展望 

 

戦没船員の碑   大浦堡塁のあったところ

 

うみの子とりで(園地) 腰越堡塁のあった場所

 

三軒家砲台

 

南門砲台からの展望 現在は園地に、そばには自然博物館

 

パークセンター  もとは弾薬庫

 

 

海上にある聴測所

潜水艦の音を探知して居場所を探る施設、昭和12年完成。

 

 

以前の訪問

 

観音崎砲台(2009年訪問・再編集版)

 

観音崎砲台

 

国内各地の戦跡

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。