小笠原マルベリー

愛南町・紫電改展示館(2020年11月訪問)


 

愛南町紫電改展示館(2020年11月訪問)

 

概要

 

2020年11月、愛媛県愛南町紫電改展示館を訪れました。

ここは馬瀬山の付近にあり、海の展望もとてもいい場所です。

(現在休止中ですが、宇和海展望タワーもすぐそばです。)

愛南町公式ホームページ/ 紫電改展示館 (town.ainan.ehime.jp)

 

メイン展示は海中から引き揚げられた紫電改の機体がメインです。

関連情報も展示されています。

 

機体は1978年に久留湾で発見され、引き揚げたものです。

もとは1945年7月、松山基地を出発したものだそうです。

機体の残り具合から海には不時着したようです。

 

この紫電改は日本に現存する唯一のものです。

 

 

 

展示

 

外観 中は1フロアで、部分的に上からのルートあり

 

機体 羽が曲がっているのは、不時着した時に曲がったとのことです

 

機体

 

機体

 

右翼部前輪と機関銃

 

  

出発地点・松山基地の模型展示

 

松山海軍航空隊掩体壕(2020年11月)

 

 

展示館からの展望

 

引き揚げ作業中に亡くなった方の慰霊碑

 

 

 

小笠原の飛行機

 

小笠原には日本の飛行機は陸地にはありませんが、

水中(水深30m以上)には零戦の残骸があります。

 

撃墜したと思われる米軍機の残骸は3機確認されています。

 

急降下爆撃機カーチス社SB2Cヘルダイバー(画像)

ノースアメリカン P-51D マスタング(North American P-51D Mustang): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

アベンジャー翼残骸(吹割山): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

このうち、ヘルダイバーとムスタングはツアーで紹介もできます。

残骸ですが、希望があればリクエストください。

 

戦跡ツアー

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。