小笠原マルベリー

ノースアメリカンP-51D マスタング(P-51D Mustang)残骸


 

ノースアメリカンP-51D マスタング(P-51D Mustang)残骸

 

概要

 

夜明平山中に残る

ノースアメリカンP-51D マスタング(North American P-51D Mustang)残骸です。

この飛行機はおもに米国陸軍が運用した戦闘機です。

 

マスタングはムスタングとも言われます。

 

夜明平(村民の森・ムスタング・ノボタン)ルート紹介

 

現在はうっそうとした樹林内の谷間に残骸が残っています。

そばの壕にも残骸の一部が入っています。

 

墜落時の状況などは不明ですが、

機種については特定されていて間違いないようです。

P-51 (航空機) – Wikipedia

 

現場には大きなエンジンも残っています。

このエンジンはパッカード社が

ロールスロイスのマーリンエンジンをライセンス生産したようです。

パッカード – Wikipedia(エンジンのライセンス生産)

 

硫黄島は、日本軍の玉砕以降、

B-29護衛につく戦闘機として、発信基地にもなったようです。

 

 

 

現場の写真

 

左翼部分

 

左翼 先端部 かすかに星のマークが残ります。

 

プロペラ部分  羽は4枚 羽は切断されています。

 

エンジン関連の部品

 

パッカード製のエンジン(水冷V型12気筒ガソリンエンジン)

(ロールスロイス マーリンエンジンのライセンス生産)

 

車輪系の部材

壕の中に残る残骸

 

鉄板 コクピットに使われたものか?

 

 

 

見るには?

このルートは森林生態系保護地域の指定ルートで、

ガイド動向が必要となります。

道路から10-15程度で着きます。

 

夜明平(村民の森・ムスタング・ノボタン)ルート紹介

 

戦跡ツアーでは定番ではないですが、リクエストがあれば訪れます。

ふつう、飛行機の残骸はヘルダーバーを見に行きますので。

 

戦跡ツアー

 

急降下爆撃機カーチス社SB2Cヘルダイバー

 

アベンジャーは見学不可です。

 

ゼネラル・モーターズTBMアベンジャー(GM TBM Avenger)残骸

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。