小笠原マルベリー

夜のとびうお桟橋のスターたち


 

概要

 

とびうお桟橋といえば、

観光ツアー船の係留場所。

 

日中は、船の乗降以外では、

観光客もあまり訪れません。

 

しかし、夜になると、一変。

 

人気の観光スポットとなっています。

ナイトツアーの業者さんも、ツアー中に訪れています。

 

街灯のある明るいところで、

桟橋にいる魚がよく見えます。

 

みなさんがお目当てにしているのは

シロワニ、ネムリブカ、マダラエイなどでしょう。

シロワニ – Wikipedia

ネムリブカ – Wikipedia

マダラエイ – Wikipedia

 

特に、シロワニはトップスターです。

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その36「シロワニが桟橋から見られる(おもに夜間)」

 

彼らは周辺のエリアも含めて、

ゆっくり回遊しています。

 

そのため、いつも見られるわけではありません。

確実に見たい方は、

時間をたっぷり取っておくといいですね。

 

それでも、

中には運悪く、やってこない日もあるようです。

 

時期、タイミング、運、

それぞれが影響しますね。

 

 

 

スターたち

 

 

シロワニ

 

シロワニ

 

 

 

ネムリブカ

 

 

 

マダラエイ

 

マダラエイ

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

清瀬交差点からすぐのとびうお桟橋です。

集落から徒歩エリアです。

行けばたいがい誰かいるのですぐわかります。

 

見るタイミングによって、あたリはずれがあるので、

時間に余裕を持って行くといいと思います。

 

ナイトツアーでもよく立ち寄っています

 

 

 

 

 

 

参考「小笠原に来なくてはいけない理由」

 

小笠原ならではのこと、

ナンバー1、オンリー1のことを集めてみました。

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。