小笠原マルベリー

小笠原に来なくてはいけない理由、その44「お墓は造花を供えます」


 

 

概要

 

小笠原の墓には

色とりどりの花が供えられています。

近づくとわかりますが、生花ではなく造花です。

 

ネットで調べてみると、

最近はお墓に造花を供えるところがあるようですね。

 

お墓に供えても大丈夫! 造花のメリット・デメリットをご紹介 | 

 

お墓に造花を供えるのは問題ない?基本的なルールや購入方法をご紹介

 

小笠原では、

墓に造花を供えるのは、以前ゕら普通です。

 

なぜって、生花を売る花屋さんがないからです。

不定期で商店が仕入れることはあります。

 

商店では

造花が常に販売されています。

 

手入れの行き届いた墓には、

色とりどりの造花が供えられています。

 

造花はかなり長期間持ちます。

とはえいえ、

あまり長期だと紫外線で劣化し、色あせます。

 

慰霊碑や墓の造花を見れば、

手入れの具合が分かります。

 

大根山墓地は返還後に新設の場所です。

遺族の方もみな島にいらっしゃるようで、

色あせた造花はほぼありません。

 

 

 

 

 

 

実際の例

 

墓の遠望

色とりどりの花が見えます

 

 

墓に近づくと造花とわかります

 

花の近景1

 

花の近景2

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

興味のある方は大根山墓地を訪れて下さい。

 

父島の神社・教会・寺・墓地など

 

「ナサニエル・セボレーの墓碑」(都指定有形文化財)

 

 

 

 

 

 

参考「小笠原に来なくてはいけない理由」

 

小笠原ならではのこと、ナンバー1、オンリー1のことを集めてみました。

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。