小笠原マルベリー

「会津の義」(植松三十里)


 

概要

 

2019年発行、

「会津の義」(植松三十里)。

本書は文庫のための書下ろしです。

会津の義 幕末の藩主松平容保/植松 三十里 | 集英社 ― SHUEISHA ―

植松三十里 – Wikipedia

 

主人公は

9代会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)。

実質、会津藩最後の藩主。

松平容保 – Wikipedia

 

松平容保の生き様を描きます。

 

本書では

鳥羽伏見の戦いから筆が始まります。

 

タイトルの「会津の義」とは何か?

 

将軍に忠義を尽くしながらも、

会津戦争にいたります。

そこには、

「会津への義」というものがあったのだと思います。

 

 

 

 

 

 

松平容保

 

会津松平家の養子となった容保は

会津藩の家訓を守りながら生きます。

家訓の第一条は、将軍に忠義を尽くすというもの。

 

幕末、京都守護職につき、手腕を発揮します。

鳥羽伏見の戦い中、

徳川慶喜に随行させられ江戸へ向かいます。

 

そののち、家訓にそむいてまでも、官軍に戦いを挑み、

会津戦争となります。

 

戦い敗れ、

容保は謹慎の身となります。

 

明治になって、しばらくしてから、

要請を受け、日光東照宮の宮司となります。

徳川家との強い関係性が評価されたようです。

 

幕末の一時期、

徳川慶喜に翻弄された容保でもありました。

 

 

 

 

 

 

参考

 

「水戸維新 近代日本はかくして創られた」(マイケル・ソントン)

 

「司馬遼太郎と城を歩く」(司馬遼太郎)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。